FX用語ロスカットについて学ぶ

FXの基礎と損を防ぐ仕組み「ロスカット」について知るサイト

外国為替の仕組み

Margin Foreign Exchange Trading を略してFXと呼んでいます。
簡単に言えば、外国通貨と自国通貨の交換する取引です。
この時間によるレート変化により利益を出します。
ですが、FXの名前は聞いたことがあってもよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
実際に「外国為替って何?」「証拠金?」「儲かるっていうけど、普通の人がやっても損をするだけでしょ」という声をよく聞きます。
もちろん、知識も何もないままFXに手を出せば、損をする確率が高いでしょう。
ですが、FXでお金がもうかる仕組み自体は非常に単純なものです。
日本の経済の拡大かと国際化にともなって、為替法が改正され(1998年)自由化が大きく進みました。
外国為替取引はこれによって、事実上ほとんど自由化し一般人にも手を出しやすい取引になりました。
FXは簡単に言うと海外のお金を売ったり買ったりして、その差分で利益を得る取引です。
ニュースを見ていると「外国為替市場の円相場は、・・・」のようなことを、キャスターの方が言っているはずです。
相場が上がったり下がったりするのは国際情勢の動向を、取引する人が気にしていて、それによって円やドル、ユーロの需要が変わるからです。
需要が多いものは高くなりますよね。
みんなが欲しがるものは、高くても売れるはずです。
これは金融の世界でも同じなのです。
このような情報をもとに、利益が出るようにユーロやドルを売買することになります。
この記事では、FXで利益が出る仕組みから、損を抑えてくれるロスカットというシステムについてまとめています。

おすすめリンク

TOPへ戻る